>  > 指名出来たってだけで奇跡かもしれない

指名出来たってだけで奇跡かもしれない

いつもよく行く風俗店でとっても人気のある女の子がいるんです。その彼女、本当にいつ行っても終了しているんです。結構早い段階でお店に行っても「本日は受付終了」って出ていたりするんですよね。どれだけ人気があるんだろうって思わされることも珍しくないんです。だからこそ余計指名したいって思うじゃないですか。それでこの前ようやくその彼女を指名出来たんです。それでも200分待ち。はっきり言ってかなり迷いました。待っている間に他の子と楽しんでさっさと帰った方が良いんじゃないかなとか、せっかくの風俗なんだから悔いのなように…とかいろいろと考えて待ちました。そしてようやく彼女との時間。本当に指名出来ただけでも奇跡だよなって思いますけど、なんで彼女がそこまで人気があるのかよく分かりました。彼女、とにかく素晴らしい雰囲気というか、男が好きになる雰囲気をビンビンに出している女の子。更には積極的なスキンシップ…。最高でしたよ。

記憶力の良い子でした

とっても記憶力の良いJちゃんとの時間のことを聞いて下さい。風俗に行くとき、女の子にそこまでこだわりは持たないんです。誰でもいいって言うとちょっと語弊があるかもしれませんが、そこまで強いこだわりもなく、フィーリングで決めるんです。風俗店は同じなので時には女の子が被るケースもあるんですよね。それがまさにJちゃんだったんですけど、彼女、自分のことを覚えてくれていたんですよ。「二回目だよね?」って。それを聞いた時、何やら自分の中で弾けましたね。だって普通だったらいろんな人を相手にしている以上、覚えている訳がないじゃないですか。それなのにこちらのことを覚えてくれていたんです。その事実だけでも物凄く嬉しいですよね。だからか、自分もついついテンションが高くなって彼女とのプレイに燃えてしまいました。なんだかんだ自分のことを覚えてくれているって嬉しいじゃないですか。自分も案外単純だなと思いつつ、彼女のお口に発射しました。

[ 2016-12-07 ]

カテゴリ: 風俗体験談